会社設立する際には印鑑が必要ですが、個人事業主と違う点としては必要な印鑑が4つ存在している事です。今回は必要な4つの印鑑について紹介をします。

まず必要なのが代表者印です。法務局に届け出を出して登録をする印鑑ですが、代表社印は法人実印になりますので、基本的には直径18㎜の丸印が良いと言われています。

次に必要なのが銀行印ですが、これは法人口座を開設したりするときに必要になる印鑑になります。その他にも手形や小切手の振り出しに使う際に必要になる印鑑です。中には代表印と銀行印を一緒に使う人もいますが、実印と一緒に使うのはあまり良くないので、できる限り別々で用意をし、区別するためにも実印よりも少し小さいサイズで作成すると良いでしょう。

他にも社印が必要です。これは主に見積りや請求書を作成する際に必要になる印鑑で、代表印を押すほどではない重要な書類に使うものです。一般的に使われている印鑑としては角印になります。

最後に必要になるのがゴム印ですが、これは契約書といった重要書類の署名欄に自筆でサインをする代わりとして使用することができる印鑑です。通常は、本店所在地、電話・FAX番号、会社名、代表者名といった情報が彫られている印鑑のことを指します。

会社設立をする際には会社名を考えなければなりませんが、会社名は企業にとって重要です。考える際には悩むこともあるかもしれませんが、考える際に知っておきたい情報とはどういったものがあるのでしょうか?今回は、会社名を考える時に知っておきたい情報について紹介します。

まず、大切なポイントとしては一目で覚えられるようなインパクトがある社名にすることです。例えば、あまりにも長い会社名にしてしまうと一目で覚えるのは難しくなります。できる限り多くの人に知ってもらうのは大切なので、社名はあまり長くせずに覚えやすいネーミングで考えるようにしましょう。

次のポイントとしては興味を持たれやすいかどうかです。会社名で興味を持たせるのは難しいと思う人も多いかと思いますが、実際に文字以外にも記号や数字も使えることができます。その為そのようなものを使い、興味を持ってもらいやすい社名にすることも可能なのです。通常の文字以外にも、記号や数字も使えるということを覚えておくと良いでしょう。

このように、今回は一部分の紹介をしましたが、会社名は取引先やお客さんに興味を持ってもらうためには重要なものとなります。ですから、適当に考えることはせず、できる限り考えて納得のいく社名にするようにしましょう。

会社設立について考えている人は世の中にもいるでしょうが、独立する際には、会社設立以外にも個人事業主として活動する方法が存在しています。もちろん最初から個人事業主を選ぶ人もいるでしょうが、その中でも会社設立を選ぶ人が多い理由としては利点がたくさんあるからです。これから法人化について考えている人も多いと思いますが、まずは利点についてを少しだけ紹介します。

まず、会社を設立することで社会的信用度の高さが利点をして考えられます。例えば個人事業主は、開業をする手続き自体も簡単なので誰でも気軽に独立をすることが可能ですが、取引先や仕入れ先からするとイメージは異なります。一般的には組織化しているところの方が前向きなイメージを持たれることが多いので、個人事業主だと信用度が下がってしまう可能性があるのです。中には個人事業主と取引をしている企業もありますが、全体で見るとまだまだ法人の方が信用度は高い場合があります。

次の利点としては、責任が軽減されることです。例えば個人事業主の場合は借入れなどをした場合に万が一のことが発生した時には、全て代表の無限責任となります。しかし株式会社の場合は、資本金の範囲で有限責任になります。つまり、借金の額が支払えなかったとしても資本金の範囲で弁済すればよいということになっています。このように、責任を軽減することができるのも魅力です。

今回は一部分の利点について紹介しましたが、これから設立について考えている人は設立前に考えなければならないことはたくさん存在しています。このサイトでは、会社設立の際に知って起きたい情報を色々と紹介します。

参考HP・・・税理士による会社設立サポートを受けられる「アディーレ会計事務所」