会社設立で知っておきたい印鑑の準備について

会社設立する際には印鑑が必要ですが、個人事業主と違う点としては必要な印鑑が4つ存在している事です。今回は必要な4つの印鑑について紹介をします。

まず必要なのが代表者印です。法務局に届け出を出して登録をする印鑑ですが、代表社印は法人実印になりますので、基本的には直径18㎜の丸印が良いと言われています。

次に必要なのが銀行印ですが、これは法人口座を開設したりするときに必要になる印鑑になります。その他にも手形や小切手の振り出しに使う際に必要になる印鑑です。中には代表印と銀行印を一緒に使う人もいますが、実印と一緒に使うのはあまり良くないので、できる限り別々で用意をし、区別するためにも実印よりも少し小さいサイズで作成すると良いでしょう。

他にも社印が必要です。これは主に見積りや請求書を作成する際に必要になる印鑑で、代表印を押すほどではない重要な書類に使うものです。一般的に使われている印鑑としては角印になります。

最後に必要になるのがゴム印ですが、これは契約書といった重要書類の署名欄に自筆でサインをする代わりとして使用することができる印鑑です。通常は、本店所在地、電話・FAX番号、会社名、代表者名といった情報が彫られている印鑑のことを指します。