会社設立の利点とは?

会社設立について考えている人は世の中にもいるでしょうが、独立する際には、会社設立以外にも個人事業主として活動する方法が存在しています。もちろん最初から個人事業主を選ぶ人もいるでしょうが、その中でも会社設立を選ぶ人が多い理由としては利点がたくさんあるからです。これから法人化について考えている人も多いと思いますが、まずは利点についてを少しだけ紹介します。

まず、会社を設立することで社会的信用度の高さが利点をして考えられます。例えば個人事業主は、開業をする手続き自体も簡単なので誰でも気軽に独立をすることが可能ですが、取引先や仕入れ先からするとイメージは異なります。一般的には組織化しているところの方が前向きなイメージを持たれることが多いので、個人事業主だと信用度が下がってしまう可能性があるのです。中には個人事業主と取引をしている企業もありますが、全体で見るとまだまだ法人の方が信用度は高い場合があります。

次の利点としては、責任が軽減されることです。例えば個人事業主の場合は借入れなどをした場合に万が一のことが発生した時には、全て代表の無限責任となります。しかし株式会社の場合は、資本金の範囲で有限責任になります。つまり、借金の額が支払えなかったとしても資本金の範囲で弁済すればよいということになっています。このように、責任を軽減することができるのも魅力です。

今回は一部分の利点について紹介しましたが、これから設立について考えている人は設立前に考えなければならないことはたくさん存在しています。このサイトでは、会社設立の際に知って起きたい情報を色々と紹介します。

参考HP・・・税理士による会社設立サポートを受けられる「アディーレ会計事務所」